食事制限ダイエットの代償は大きかった

食事制限ダイエットの代償は大きかった

 真っ黒でクセのないストレートヘアが自慢で、物心ついてからは流行に左右されることもなく、ずっと腰まで届くロングヘアを維持していました。30代になるとブラッシングやシャンプーの時の抜け毛が目立つようになりましたが、元の髪の量が多かったことと、長いから目立つだけだろうと思ってあまり深刻には考えていなかったんですよね。

 35歳を過ぎ、世間で言われているように代謝が衰えたのか体重が増え始め、選んだダイエットが悪かったみたいです。食にこだわりがないので、食事制限をするのは簡単過ぎて、気が付けば炭水化物と動物性タンパク質、脂質までほとんど取らない食生活になっていました。みるみる体重は落ち、浮かれていたのも束の間、ごっそりと髪が抜け、ツヤもハリもない髪になり、分け目もクッキリと見えるようになってしまいました。髪を作る為のタンパク質もミネラルも、頭皮を乾燥や紫外線から守る為の脂質も足りていないのでは当然ですよね。

 ロングヘアでは髪の重さで頭皮や毛根に負担が掛かるだろうと思い、人生で初めてのショートヘアにしたのですが、重さから解放された髪は微妙なウネリを持ち、ストレートとは程遠いものになっていました。

 食事を見直し、シャンプーをアミノ酸系の美容液配合の物に変え、ドライヤーも遠赤外線の低温ドライヤーに変え、日傘や帽子で紫外線から保護をするようにしたところ、抜け毛の量が減り、根元には少しハリが戻ってきたような気がします。これで再び髪が増えてくれば良いのですけど、増えないようなら育毛サプリや育毛剤のお世話になる事も考えないといけませんね。

↑ PAGE TOP