母の髪の悩みについて

母の髪の悩みについて

 還暦を過ぎた母が髪のことで悩んでいます。それまでは、かたくて太くて多い髪だったのに、50代半ばごろから少なくなりはじめ、コシやハリがなくなり、最近は特に分け目の地肌が目立つようになってしまいました。

 きっかけは、友人と温泉に行ったときに「髪ないね!地肌が見えてるよ!」と驚かれたことでした。母自身も気にしていたようですが、友人にはっきりと言われたことで、悩みがより深くなってしまったようです。それからはお風呂にはいるたびに鏡を見ては気になり、雨の日など髪が濡れてしまうシチュエーションを嫌うようになりました。

 まだフルタイムで働いていることもあり、電車にのって出勤、社員とのコミュニケーションなど社会とのかかわりも多いので、まだまだ女性として外見が気になります。男性よりも、女性の髪の薄さの方が深刻だと私自身も思います。将来は母のように悩むだろうなと思うと他人事ではありません。

 対策として、母は最近ドライヤーを買い替えたそうです。パナソニックのナノイーは17000円もするので買えず、コラーゲンボールの入ったテスコムを購入しました。定価11000円がアマゾンで7900円だったとの事で、口コミには美容師さんが一番愛用しているとのコメントがあったそうです。効果は今のところないようですが、まずは現状維持を目標にしています。娘の私からみても、最近の母の分け目の見え方は気になります。ウィッグ、レディースマープ的なものが必要なのかなとも思うこの頃です。

↑ PAGE TOP